侍・上林に「ロケットランチャー」が直撃 モリーナはしてやったり

西日本スポーツ

 ◆2018日米野球:第3戦 日本-MLB選抜(11日・東京ドーム)

 侍ジャパンの上林が「ロケットランチャー」の直撃を食らった。

 2回1死でMLB選抜の先発バーローから左前打を放ち、この日米野球3試合連続安打。同点に追いついた4回、なお2死二塁では四球を選び、続く岡本に好機で打席を回した。

 ところが岡本への1ストライクからの2球目、外角ストレートのときに、一塁走者・上林のリードが大きいと見た捕手モリーナが、捕球から間髪入れずに一塁けん制。上林は戻りきれずタッチアウトとなった。

 ロケットランチャーとも称される強肩の持ち主モリーナは、両手を上げてしてやったりの表情。気をよくしたか直後の5回、侍ジャパン先発の多和田に右越え3ランを見舞って降板に追い込んだ。

=2018/11/11 西日本スポーツ=

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング