MLB選抜が12安打7得点で初勝利 新星ソトと侍・柳田は3戦連発ならず

西日本スポーツ

 ◆2018日米野球:第3戦 日本3-7MLB選抜(11日・東京ドーム)

 MLB選抜が持ち前の強打を発揮し12安打7得点。この日米野球3試合目で初勝利を挙げた。

 MLB選抜は2試合ぶりに先制。4回無死、リアルミュートが2試合連続本塁打となる右越えソロを放った。侍ジャパンは直後に外崎の適時二塁打で追いついた。

 MLB選抜は相手エラーの間に勝ち越しに成功すると、モリーナが右越え3ラン。侍ジャパン先発の多和田を降板に追い込んだ。7回にもスアレス、ハニガーの連続適時打でリードを6点に広げた。

 第2戦で17安打12得点と打線が爆発した侍ジャパンながら、この試合はMLB選抜の投手陣に苦戦。9回に代打山川、菊地の連続適時打で2点を返したものの、及ばなかった。

 なお第1、2戦で本塁打を放っていた侍ジャパンの柳田、MLB選抜のソトはノーアーチ。ソトは4回に天井を直撃してはね返った本塁打性の当たりを右翼手に捕られ、球場ルールでアウトとなる不運もあった。日米野球で3試合連続本塁打なら2006年のライアン・ハワード(当時フィリーズ)以来だった。

 第4戦は13日にマツダスタジアムで行われる。予告先発は侍ジャパンが大瀬良、MLB選抜が前田。広島の新旧エース同士の投げ合いとなる。

=2018/11/11 西日本スポーツ=

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング