ソフトB首脳陣ビックリ 捕手登録の谷川原、内野守備軽快 本多コーチも「いい動き」

西日本スポーツ

内野手に交じってノックを受ける谷川原(左) 拡大

内野手に交じってノックを受ける谷川原(左)

 捕手登録の谷川原が機敏な動きで首脳陣を驚かせた。選手の可能性を広げるという趣旨で、サブグラウンドでの内野ノックに参加。内野が本職の川瀬らとともにユニホームを泥だらけにしながら、的確に打球をさばいてセンスの高さをうかがわせた。「中学時代に外野を守ったことはあるけど、内野はない。とにかくきつかったけど、選手としての幅も広がると思うし、しっかり練習していきたい」。ノックを打った新任の本多内野守備走塁コーチも「いい動きをしていました。ハンドリングもいいものを持っている」と好印象を抱いていた。

=2018/11/12付 西日本スポーツ=