侍J日米野球で圧勝 MLBとの賞金取り分は9:1

西日本スポーツ

 ◆2018日米野球:第6戦 MLB選抜1-4日本(15日・ナゴヤドーム)

 侍ジャパンが2回に一挙4得点を挙げ、MLB選抜相手に逃げ切って快勝。この日米野球の対戦成績は、5勝1敗の圧勝に終わった。

 前回2014年は侍ジャパンの3勝2敗。日米野球での日本チーム勝ち越しは1990年以来24年ぶりだったが、一転、2大会連続の勝ち越しとなった。特にここ2大会、MLB選抜のメンバーはかつてのようにスターぞろいとはいかず、単純比較はできないものの5勝1敗の成績は異色だ。

 大会の賞金総額は1億円。大会規定で、第1~6戦は勝利チームに1000万円、引き分けの場合は両チームに500万円が贈られる。さらに優勝(勝ち越し)チームは4000万円をゲット。対戦成績が五分の場合は、優勝賞金を両チームで折半となっていた。

 侍ジャパンの賞金は1000万円×5勝で5000万円、プラス優勝の4000万円で計9000万円。一方のMLB選抜は第3戦勝利の1000万円だった。

=2018/11/15 西日本スポーツ=

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング