大分“V字復活”6年ぶりJ1 就任時J3の片野坂監督、3年で立て直した

西日本スポーツ

前半、先制ゴールの星(左から2人目)に駆け寄り祝福する大分イレブン 拡大

前半、先制ゴールの星(左から2人目)に駆け寄り祝福する大分イレブン

 ◆明治安田生命J2:最終節 山形1‐1大分(17日・NDソフトスタジアム山形)

 大分が混戦の昇格争いを勝ち抜き、2013年シーズン以来のJ1復帰を果たした。

 上位3クラブ(前節3位の町田はライセンスがないため昇格できない)が自動昇格の可能性を持って迎えた最終節で、勝ち点75で前節2位の大分はアウェーで山形と対戦。前半に星のゴールで先制、後半に同点に追い付かれたがドローで逃げ切り、勝ち点1を加えた。他会場は松本が徳島と引き分けて勝ち点を77に伸ばし優勝。大分は勝ち点を76として自動昇格圏の2位を決めた。

 大分は前回J2に降格した14年に7位、15年は21位と低迷し、J1経験クラブとして初めてJ3に降格。片野坂監督が就任した16年にJ3で優勝して1年でのJ2復帰を果たし、J3転落から3年でのJ1返り咲きとなった。

=2018/11/17 西日本スポーツ=