J2大分、混戦突破J1カメバック ニータン手記

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J2:第42節 山形1-1大分(17日・NDスタ)

 チームの人気マスコット「ニータン」が西スポに手記を寄せた。大分がヤマザキナビスコ・カップ(現YBCルヴァン・カップ)で優勝した2008年に誕生。一歩一歩、着実に進むカメをモチーフに生まれながら、J1からJ3まで全てを味わう激動を経験した苦悩、J3からわずか3年でスピード昇格した喜びを素直につづった。

   ◆   ◆

 おつかめさまです! いつも応援してくれるスポンサーさんやサポーターのみなさんのおかげでJ1に戻れます。いてもたってもいられず、ぼくも山形まで駆けつけたかいがありました。個カメ(個人?)的には、5月に発売したぼくの写真集で共演した“さんぺー”(三平)せんしゅが2桁得点の大活躍をしてくれてうれしいです。“さんぺー”選手のおうちにいる3匹のカメさんも喜んでいるかな~。

 ぼくが生まれた年にヤマザキナビスコ・カップで優勝。その後はJ1復帰からJ3降格までいろいろなことがあったけど、こうやってJ1に“カメバック”できてうれしいです。でもここがゴールじゃなくて、新たなスタート。ぼくも宣伝部長として、もっともっとお仕事頑張ります! みなさん、僕へのお祝いも待ってま~す★ バイタン♪(大分トリニータマスコット)

=2018/11/18付 西日本スポーツ=

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ