西武・高橋光、300万円減もエース番号13継承 西口コーチ「ぜひつけて」

西日本スポーツ

■300万円減でサイン

 西武の高橋光成投手(21)が21日、埼玉県所沢市のメットライフドームで契約更改交渉を行い、300万円減の1850万円でサインした。来季は背番号を「17」から「13」に変更することも決定。西武一筋で通算182勝を挙げた西口文也1軍投手コーチの現役時代の背番号で巻き返す。 (金額は推定)

 4年目の今季は右肩を痛めた影響もあり、いずれもプロ最少の3試合登板、2勝止まり。「来年はけがをしないで、先発ローテを守る。エースと呼ばれる投手になりたい」と誓い、球団から打診された新背番号をつける来季を見据えた。

 「13」はエースとしてチームを支えた西口コーチが21年間つけ、2015年限りで現役引退した後は空き番号となっていた。球団の大きな期待を感じ取った右腕も「西武のエースナンバーだと思う。重い番号なので、恥ずかしくない投球をしたい」と力を込めた。

 渡辺シニアディレクター(SD)は、西口コーチに「ぜひつけてもらいたい」と了承を得たことを明かした上で「びっくりしただろうが、気が引き締まったはず」と口にした。米メジャーに挑戦する菊池の穴を埋め、「西口2世」がリーグ連覇の柱となる。 (松田達也)

=2018/11/22付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング