西武、通算18人目のFA流出 辻監督は補償に期待

西日本スポーツ

巨人移籍について取材に応じる炭谷 拡大

巨人移籍について取材に応じる炭谷

 西武は巨人入りを決断した炭谷が退団すると、フリーエージェント(FA)による流出が通算で12球団最多の18人になる。辻監督は24日、炭谷から報告があったことを明かして「残念だが、この2年間ありがとうと伝えた」と複雑な表情を浮かべ、来季は森を正捕手として起用する方針を示した。

 今後は楽天、巨人に対する補償を求めることになる。辻監督は「(渡辺シニアディレクターと)相談してからになるが、いいパーツがいるなら考えたい」と説明。人的補償での戦力補強を検討する方針だ。

 昨季は巨人にFA移籍した野上の人的補償として、先発と中継ぎで経験のある高木勇を獲得した。今後は巨人と、浅村がFA移籍する楽天から送られてくるプロテクト名簿を見ながら、手薄になった捕手、または投手の補強を視野に入れる。

=2018/11/25付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ