西武・山川が誓った「どすこい」50回 新パフォーマンスの由来はあの力士

西日本スポーツ

 今季のパ・リーグMVPに輝いた西武・山川穂高内野手(27)が2日、岩手県花巻市で行われたイベントでホームランを放った後に繰り出す来季の新しいパフォーマンスを初披露した。

 四股を踏みながら、両手を前に突き出して「どすこい」と絶叫。「(大相撲の)御嶽海に似ていると言われることもあるから」と176センチ、108キロ(今季開幕時点)の体格を生かした動きに、ともにイベントに参加していた菊池と外崎もファンと一緒に大爆笑した。

 今季はお笑い芸人、ゆりやんレトリィバァの「調子に乗っちゃって」というパフォーマンスを見せていた山川は「来年から変更します」と宣言。47本で初のホームラン王となった今季からの飛躍に向けて「来年は50本打ちたい」と新パフォーマンスを何度も見せるような活躍を誓った。

=2018/12/02 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング