西武山川「大満足」3倍超アップ!1億1000万円 今オフのチーム最高昇給

西日本スポーツ

来季の目標本塁打数「50」と扇子にしたためた西武・山川 拡大

来季の目標本塁打数「50」と扇子にしたためた西武・山川

 パ・リーグ最優秀選手(MVP)と本塁打王に輝いた西武の山川穂高内野手(27)が5日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、今オフチーム最高昇給となる7760万円増の年俸1億1000万円でサインした。今季の3240万円の3倍超で一気に1億の大台超え。「文句のない成績といってもらえた。僕としても大満足」と笑顔満開だ。 (金額は推定)

 5年目の今季は全試合4番でスタメン出場し、47本で初の本塁打王のタイトルを取った。「バックスクリーンに本塁打を打つイメージを朝起きてから寝るまでずっと考えていた。朝跳び起きて、今日もいくぞという感じだった」と飛躍の1年を振り返った。

 来季はクリーンアップを組んだ浅村が抜け、4番にかかる負担は大きくなる。山川は秋山から「まだ来年が(レギュラーになって)2年目。3年やれたら周りを見てやったらいい」と励まされた。先輩の言葉に「まだ伸び伸びやっていいということ。チームのため、が先ではなく、自分が打つことがチームのためになる。自分のやりたいことをやっていいと思った」と“自己中”宣言をした。

 来季は50本塁打に照準を置いている。「50本打つためには60本打つつもりでいかないと。今と同じでは47本以下になる。数字を言ったら逃げられないし、もっと練習しないといけない。もう動いているし、もっとスイングスピードも上がると思う」と力を込めた。来年1月には故郷沖縄でチームメートの森、山田を従えて自主トレを行う。1億円プレーヤーの仲間入りを果たし、来季もアーチを量産する。 (小畑大悟)

=2018/12/06付 西日本スポーツ=