下克上日本一ソフトバンクのV旅行 費用はいくら?

西日本スポーツ

ホールアウトして同組の福田(右)とカートでクラブハウスへ引き揚げる柳田 拡大

ホールアウトして同組の福田(右)とカートでクラブハウスへ引き揚げる柳田

 リーグ2位からポストシーズンを勝ち抜いて2年連続日本一に輝いたソフトバンクの一行が、V旅行で米ハワイ州ホノルルに滞在している。

 選手、首脳陣、スタッフの計約240人が参加。これだけの大所帯が、5泊7日の日程で常夏の島を満喫するには、いくらかかるのか。

 福岡-ホノルル間は2018年12月現在、デルタ航空が直行便を運航しているが、200人超の大所帯だけに使うのはチャーター便だ。今回は球団として初めてリーグ2位からの日本一。リーグ優勝した過去の年のV旅行より、チャーター機を確保する時期がずれ込んだ上、普段の遠征でも利用する日本航空がリーグ優勝した西武、広島のチャーター機を確保するので手いっぱいだった。過去の費用は、日本航空の便で約7000万円だったが、今回は台湾のチャイナエアライン(中華航空)を利用。約8000万円とみられる。

 宿泊先はワイキキの中心、目抜き通りのカラカウア通りに面した4つ星高級ホテル「ハイアットリージェンシー ワイキキビーチ リゾート&スパ」。各部屋の広さは40平方メートルで、ベッドは2台ある。インターネットテレビや、TOTOの温水洗浄便座「ウォシュレット」も。基本的にバルコニーからワイキキビーチを臨める部屋が割り当てられ、総額は約6000万円だ。

 食事は毎日、朝・夕2食分のクーポンが配布され、ホテルや近隣のレストランで使える。子どもでも2歳以上にはクーポンを用意。体調を考慮して乳児は連れていかない選手が多いので、ほぼ全員支給だ。総額では約1200万円となる。

 到着した日の夜、ホテル別棟の宴会場を貸し切って行った全員参加の日本一祝賀パーティーが、約800万円。2日目の球団主催ゴルフコンペはLPGAトーナメントやPGAシニアツアーの会場にもなったコオリナGCで行って、約300万円。その間に待たされる家族や、コンペに参加しない選手には選べるオプショナルツアーを用意しており、これも約300万円かかる。

 もちろん全員に海外旅行保険を掛ける。現地での移動バスも確保。また福岡への集合が必要な場合の国内交通費や、すでに離日している外国人選手のハワイ往復交通費もかかる。これらの諸費用で約1000万円を計上し、今回のV旅行は総額で約1億8000万円の旅だ。

=2018/12/13 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ