「美人すぎるチア」SNSで話題沸騰 J2福岡応援「RFC」KANAさん

西日本スポーツ

シーズン中、J2福岡のホームゲームに登場したKANAさん 拡大

シーズン中、J2福岡のホームゲームに登場したKANAさん

福岡マラソンでもランナーにエールを送ったKANAさん キッチンでポーズを取る山瀬理恵子さん(左)とKANAさん 「アビスパチアリーダーズジュニア」とともに真剣なまなざしでレベスタでJ2福岡を応援するKANAさん アビスパの応援に駆けつけたKANAさん(右から3人目)らRFCのメンバー

 J2アビスパ福岡のホームゲームに今季から福岡のチアダンスチーム「RFC」が登場した。サポーターのチャント(応援歌)に合わせて華やかなダンスを披露し、スタジアムに新たな魅力を加えた。中心メンバーのKANA(カナ)さん(25)は自身のインスタグラムのフォロワーが福岡のみならず、台湾、香港などにも広がり、約1万8000人に達した“半端ないチア”。インターネットで資金を募るクラウドファンディングでは200万円以上を集めてテレビでも話題の「アジアの舞姫」だ。 (向吉三郎)

■九産大九州高出身

 RFCが初めてアビスパのホームゲームに登場したのは9月1日の大分戦。この日に合わせ、サポーターと事前に打ち合わせたKANAさんはチャントに合わせたダンスを何曲も振り付け、本番に臨んだ。試合は後半ロスタイムのゴールで1-0の劇的勝利。「サッカーの応援は、サポーターさんの歌がないと、あの勢いはつかないし、会場の雰囲気は盛り上がらない。サポーターさんの力って、すごいと感じました」とKANAさんも大興奮の一日となった。

 KANAさんはJリーグで有名なG大阪チアダンスチームを学ぶためにG大阪のホーム、パナソニックスタジアム吹田で試合を観戦し、サッカー流の応援を学ぶなど研究に余念がない。レベスタではその後、大宮戦、ホーム最終戦の熊本戦にも登場し、いずれも福岡が白星を収めた。

 福岡マラソンでの応援や、さまざまなイベントで華麗なダンスを披露するKANAさんは3歳からダンスを始め、強豪の九産大九州高チアリーディング部で高校時代を過ごした。卒業後、一時は社会人として働いていたが、人を笑顔にできるチアダンスの魅力を再発見し、RFCに入った。

■子供たち200人指導

 加入5年目で現在は「RFCジュニア」や「アビスパ福岡チアリーダーズ・ジュニア」の子供たち約200人を教える講師も務めている。「元気や明るさを皆さんに届けたい。そのために自分ももっとパフォーマンスを向上させたい」と真っすぐにチアダンスに取り組む。

 そんな舞姫の人気が一気にアジアに広がったのは昨年末だった。活動を知ってもらおうと、クラウドファンディングを行い、出資者にリターンとして写真集を配る仕組みを作ると、目標の200万円を超え、約270万円もの資金が集まった。ネット上で全世界に広がったキュートな笑顔。インスタグラムのフォロワー数は約1万8000人で、そのフォロワー分布で福岡市に次いで多いのは台北市(台湾)で、以下、香港、高雄市(同)と続くという。一躍注目を集め、「美人すぎるチア」としてTBS系の「林先生が驚く初耳学!」でも紹介された。

 KANAさんには夢がある。「チアの力で福岡からエールを送り、みんなをハッピーな気持ちにしてその場をもっと明るくしたい。私たちが九州のパワースポットと言われるようになるように頑張りたい」と瞳を輝かせた。

■「アス飯」動画に登場

 KANAさんはこのほど、サッカー元日本代表の山瀬功治の妻、理恵子さんが手掛ける「アス飯」の動画バージョンの収録に臨んだ。焼肉と白米が大好きで野菜嫌いというKANAさんに、理恵子さんが“伝授”した「アス飯」レシピとは。

 高い運動量のチアダンスで日々体を動かすKANAさんは「周りを元気にする理恵子さんの明るさはチアとして見習いたい。アスリートとしての食事を意識するようになった」と笑顔で「アス飯」効果を話した。ユーチューブの西日本スポーツ、ふくや両チャンネルで近く公開予定。

 西スポでこれまで紹介した「アス飯」のレシピや過去の動画閲覧は西スポ公式サイトhttps://www.nishinippon.co.jp/nsp/athlete_meal/へ。

=2018/12/14付 西日本スポーツ=