ソフトB大竹、ハワイで親孝行キャッチボール「また活躍して連れて来たい」

西日本スポーツ

ワイキキビーチで父・紳一郎さん(手前)とキャッチボールする大竹 拡大

ワイキキビーチで父・紳一郎さん(手前)とキャッチボールする大竹

ワイキキビーチの記念碑の前で紳一郎さん(右)と記念撮影する大竹

 【ホノルル(米ハワイ州)石田泰隆】福岡ソフトバンクの大竹耕太郎投手(23)が、さらなる親孝行を誓った。12日(日本時間13日)、優勝旅行先のハワイで自主トレを“公開”。規定投球回クリアと2桁勝利を来季の目標に掲げる育成出身左腕は、今回のV旅行に同伴する父・紳一郎さん(59)との「親子キャッチボール」で一層絆を強め、来季を飛躍の年とすることを胸に刻んだ。

■「高3の正月以来」

 ワイキキの高級リゾートホテルを背に腕を振る。真っ白でサラサラとしたワイキキビーチの上では、投げ慣れたマウンドと違ってバランスが取りづらそうではあった。しかし、それでも大竹は父・紳一郎さんの胸を目がけ、どこか懐かしそうに白球を投げ込んだ。

 大竹 父とキャッチボールをしたのは久々ですね。高3(熊本・済々黌高)の正月以来じゃないかな。姉には時々(キャッチボールの)相手をしてもらっていたけど、父とはその高3以来だと思います。

 ハワイを訪れたのは23年の人生で初めてだ。ハワイアンブルーの空の下、行き交う人の多くがバカンス気分を満喫していることは一目で分かる。当然、大竹にもその思いがないわけではないが、今はそれ以上に、来季のことで頭が埋め尽くされているようだ。

 大竹 動けるときに動いておかないとですね。立場的にも絶対的なものなんてないし、今年のことはもう忘れて、今までと違う姿を2月に見せたいという思いでいっぱいです。

 昨年、早大からプロの世界へと飛び込んだ。育成ドラフト4位での入団とはいえ、幼少期からの夢を実現させたことで親孝行を果たした。現在、熊本県内で小学校長を務める紳一郎さんも「多くの方にそう言っていただきました」と照れくさそうに話した。

 ただ、大竹はさらなる親孝行に思いをはせる。今季は育成出身の新人として初となる初登板初勝利を挙げるなど3勝を記録したが、来季は規定投球回のクリアと2桁勝利という高いハードルを設定。その上でチームをペナント奪還へ導き、再び、父を常夏の島へと連れて来ることを思い描く。

 大竹 父が教員ということで、これまで家族旅行もあまり行った記憶がない。遠くて山口までで、九州を出たこと自体少ない。でも来年で定年だし、また連れて来られるような活躍ができればと思ってます。

 孝行息子の球を久々に受けた紳一郎さんも「軽く投げていたんでしょうが、さすがに『オッ』となりました。本人も言っていたように、一年間しっかりローテーションを守って、2桁勝てるように頑張ってほしい。そしてまた(優勝旅行へ)連れて来てもらえれば」とさらなる活躍を願った。

 常夏ビーチでの「親子キャッチボール」を通じて2人が交わした“約束”が現実に近づくほど、工藤ホークスのペナント奪還もまた、現実に近づくに違いない。

=2018/12/14付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ