「さくなこ」に歓声 宮脇咲良・村重杏奈 国境越え活躍中 負傷明けの朝長美桜もダンス

西日本スポーツ

 韓国のテレビ番組から生まれたユニット・IZ*ONEのメンバーとして、国境を越え活躍中の宮脇咲良と矢吹奈子がコンサートに参加し、大きな声援を浴びた。

 開演前に諸注意を呼びかけるナレーションで、さっそく会場をざわつかせた2人。指原莉乃が考案したこの日のセットリストでは、奈子が田中美久との「なこみく」コンビで「生意気リップス」を久々に披露したほか「早送りカレンダー」でもダブルセンターでファンを沸かせた。咲良は、親友と慕う村重杏奈と「思い出のほとんど」を歌唱。涙で歌えなくなるシーンもあったが、泣きながら向かい合う2人に温かい拍手が送られた。

 また、膝の半月板を負傷してステージでのパフォーマンスから離れていた朝長美桜も、約1年ぶりにダンスを披露。冒頭こそ感極まって涙を流したが、その後は渕上舞、小田彩加とともに「キャンディー」を歌い、キュートな笑顔を振りまいていた。

=2018/12/16付 西日本スポーツ=

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ