衝撃!HKT48指原が卒業 「絶対女王」平成の終わりとともに 4・28卒コン 5・28福岡で「大感謝祭」

西日本スポーツ

HKT48からの卒業を発表した指原莉乃(中央) 拡大

HKT48からの卒業を発表した指原莉乃(中央)

 HKT48の単独コンサート「今こそ団結!ガンガン行くぜ8年目!」が15日、東京・水道橋の東京ドームシティホールで開かれ、劇場支配人を兼任する指原莉乃(26)=大分市出身=が、グループからの卒業を発表した。アンコール後のMCで「報告があります」と切り出した指原は、涙ながらに「HKT48を卒業します」と宣言。あまりの衝撃にぼうぜんとするメンバー、騒然とするファンを前に、4月28日に横浜スタジアム(横浜市)で卒業コンサートを開催し、5月28日にはマリンメッセ福岡(福岡市)で「大感謝祭」を行うことも明らかにした。

 韓国のユニット・IZ*ONEに専任中の宮脇咲良と矢吹奈子を、改めて送り出すコンサート。加入したばかりの5期生も交え、8年目へ誓いも新たに笑顔で終わるはずだったひとときが、凍り付いた。

 誰もが「いつか来る」と覚悟していた「その時」。それが今日とは-。指原はいつものように「うそでしたー」と、おちゃらけてくれるのではないか。客席にそんな空気さえ漂う中、本人から発表される卒業コンサートの日程と会場。次第に現実を受け止め始めたステージ上のメンバーは、ぼうぜんと立ち尽くした。

 「撤回しろ」。客席からの“懇願”に指原は「すごく考えて出した結果なので、応援してくださると…背中を押していただけるとうれしいです」と涙ながらに訴え、「平成のぎりぎりまで一生懸命アイドルとして頑張りたい」と続けた。

 2012年6月、週刊誌で報じられた過去のスキャンダルをきっかけにHKT48に移籍。走り始めたばかりの1期生に交じり、劇場で汗を流した。AKB48選抜総選挙で史上初の3連覇を含む4度頂点に立ち、タレントやプロデューサーとしても成功する中、後輩たちには胸襟を開き、時には厳しさも見せながらグループをけん引した。

 出馬しなかった今年の総選挙では、指原の後を継ぐと宣言した咲良をはじめ、メンバーを動画配信などで応援。グループはいつしか、指原を中心に家族のような強い絆で結ばれるようになっていた。

 「みんなが本当に大好きで、それに甘えてなかなか発表ができなくて」

 「本当にHKTが大好きなので、次のHKTが見てみたいと思います」

 手塩にかけて育て上げた後輩たちは、かけがえのない宝物になった。顔をくしゃくしゃにして号泣する咲良と奈子。言葉にならず、首を横に振る松岡はなと田島芽瑠。松岡菜摘は頭を抱えながら必死に歌い、MCで掛け合って何度も爆笑を生んだ田中菜津美は、曲が始まっても体を震わせながら泣いた。メンバーの涙とおえつが、紡いできた結びつきの強さを雄弁に物語っていた。

 「こんなんで泣いてちゃ、だめだよ!」

 自身も涙を流しながら、最後までメンバーを鼓舞し続けた指原。「IZ*ONEの2人もHKT48も、これからも応援してくれるかな?」。HKTのライブではおなじみとなった「締め」を、笑顔でやりきった。一時代を築いた希代のアイドルの呼びかけに、2000人の「いいとも!」が響き渡った。 (古川泰裕)

=2018/12/16付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ