SB石川、約2時間交渉で倍増6000万円+出来高「前例ない」先発&中継ぎ両刀査定

西日本スポーツ

 ソフトバンクの石川柊太投手(26)が19日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨んだ。今季年俸3000万円から倍増となる6000万円、さらに出来高を勝ち取ってサインした。(金額は推定)

 今季は自己最多の42試合に登板。先発で7勝、救援で6勝を挙げ、千賀と並びチーム最多の13勝をマークした。CSでも救援で2勝を挙げるなど、ポストシーズンの継投策の要を担った。

 今オフチーム最長、2時間に迫るロング交渉。「言いたいことを言っていった結果。球団とお互いの意見をすり合わせた」と説明し「納得。(先発、中継ぎを)両立したことも評価してもらった。倍ですね。プラス出来高もつけてもらった」と笑顔を見せた。

 投手分業制が進み、球界全体で完投数、規定投球回到達投手が減っていることも調べた上で交渉に臨んだといい「前例がない中での話し合いだった」と述べた。

 フル回転がたたり、日本シリーズ途中に右肘の張りで離脱。米国でのオーバーホールをへて、現在はリハビリ中ながら、経過は「順調の一言」と話した。

=2018/12/19 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ