馬場、吉川がトライアル1st白星発進 グランプリ 【住之江】

西日本スポーツ

 住之江ボート(大阪市)のSG第33回グランプリが19日、開幕した。メインのトライアル1stの2個レースは、12Rこそ吉川元浩が順当に逃げ切ったが、11R1枠の岡崎恭裕は馬場貴也に差されて2着。初出場の馬場は、これで2nd進出が当確の上に、抽選で1枠を引き当てる強運。チャレンジカップVからの勢いはまだまだ止まらない。太田和美と赤岩善生は減点を喫して2nd入りが早くも絶望。同時開催のグランプリシリーズは、10Rの特別戦を瓜生正義が制し、予選組は平尾崇典が連勝、斉藤仁が1、2着と好発進を決めた。

=2018/12/20付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング