ソフトB長谷川勇50%減「なにくそ」 来季34歳の逆襲

西日本スポーツ

減額制限超えでサインした長谷川勇 拡大

減額制限超えでサインした長谷川勇

 なにくそ! 福岡ソフトバンクの長谷川勇也外野手(33)が20日、福岡市のヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、年俸2億円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える50%減の1億円プラス出来高払いの1年契約でサインした。右足首を再手術して臨んだ今季は55試合出場で打率2割8分7厘、5本塁打、20打点。22日に34歳となるベテランは若手との競争にも「負けるわけがない」と強調し、プロ13年目の来季の逆襲を誓った。(金額は推定)

 押し寄せる世代交代の波に、流されるわけにはいかない。記者会見場に姿を現した長谷川勇は、開口一番「減額制限超えの提示を受けました」と大幅ダウンを真正面から受け止めた。悔しさは当然ある。ただ、それを来季へのパワーに変えることしか頭になかった。

 「『しょうがない』という気持ちも『なにくそ』という気持ちもある。力に変えられたら。若い選手に負けるとはさらさら思ってない。松田(宣)さんも内川さんも若い選手に負けるとか全く考えていないと思う。自分も負けるわけがない」

 昨年11月に右足首を再手術した今季は55試合の出場にとどまったが、打率2割8分7厘、5本塁打と勝負強さを発揮。代打では27打数8安打、打率2割9分6厘とさらにいぶし銀の輝きを放った。22日で34歳となるヒットマンには若手にない経験と蓄積がある。

 前半戦は2軍の期間も長かっただけに、若手にはあえて苦言も呈した。「若い選手より野球を考えている時間は絶対長い。一緒に練習をやっても(練習の意図が)あまり伝わらない選手が多かった。そういう選手がいるからこそ、まだまだできるなとも思いますし、負けちゃいけない」。厳しい言葉で自分にもプレッシャーをかけた。

 今オフは同じ1984年生まれの本多が現役引退し、吉村が退団。昨季までチームメートだった大隣もユニホームを脱いだ。同い年では2011年にセ・リーグMVPに輝いた中日浅尾も現役引退するなど、球界全体に世代交代の波が押し寄せているが、まだまだ長谷川勇は意気盛んだ。

 「同年代が引退だったりホークスを離れていったりした。非常に悔しい思いをしていると思うので、そういった選手の気持ちの分まで頑張りたい」。ナイター後でもミラールームにこもって黙々とスイングを繰り返す。誰もが認める練習の虫にとって、若手時代から積み重ねた練習量と意識の高さが自信の裏付けだ。

 13年に最多安打と首位打者のタイトルを獲得。今季も2度の1試合2本塁打を放った8月に3割7分2厘の月間打率を記録した。外野陣は柳田、中村晃、上林と12球団トップレベル。「いけと言われたところでしっかり結果を出せるように。どういう状況でも打てる技術を常に持つことが自分の目標」。年俸の大幅減を来季の逆襲につなげる覚悟だ。 (倉成孝史)

=2018/12/21付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ