J1鳥栖の新監督に元バルサDF カレーラス氏の就任を発表、トーレスは元同僚

西日本スポーツ

カレーラス氏とかつて同僚だった鳥栖・フェルナンドトーレス 拡大

カレーラス氏とかつて同僚だった鳥栖・フェルナンドトーレス

 J1鳥栖は21日、来季の監督としてスペイン出身のルイス・カレーラス・フェレール氏が就任することが決まったと発表した。

 スペイン1部のバルセロナなどでDFとして活躍したカレーラス氏は、鳥栖に今夏加入した元スペイン代表FWフェルナンドトーレスと2001~03年にアトレチコ・マドリード(スペイン)でチームメートだった。現役引退後の10~11年シーズンにスペイン3部サバデルを率い2部へ昇格。昨季は同2部タラゴナの監督を務めた。

 鳥栖は10月にイタリア人のマッシモ・フィッカデンティ監督を解任。ユース監督だった金明輝氏が後任として残り試合の指揮を執り、最終的に14位で来季のJ1残留を決めた。

=2018/12/21 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ