ソフトバンク岩崎27%減で大台割れ9500万円 右肘2度手術で登板2試合

西日本スポーツ

年俸ダウンで契約更改したソフトバンクの岩崎 拡大

年俸ダウンで契約更改したソフトバンクの岩崎

 ソフトバンクの岩崎翔投手(29)が21日、ヤフオクドーム内で契約交渉に臨み、年俸1億3000万円から27%、3500万円ダウンの9500万円でサインした。(金額は推定)

 11年目の今季は開幕早々に離脱し、4月に右肘手術。シーズン中の復帰を目指したが状態は上がらず、10月に再手術を受けた。2試合登板で1勝1ホールド。昨季セットアッパーとして球団記録の72試合に登板した右腕が、シーズンをほぼ棒に振った。

 会見で「ダウンはダウン」と受け止めて「(球団に)しっかり戻ってきてくれたら心強い、それまで待ってると言ってもらった。ありがたい」と感謝。「一日も早く1軍に戻りたいと思ってやっていたけど、今日は大丈夫かなと思った日でもダメだったり、苦しい、しんどいシーズンでした」と振り返った。

 地道にリハビリを続けているところで「サファテはもちろん、森、加治屋といいピッチャーがたくさんいる。負けない気持ちを強く持って、またゼロからの気持ちで勝負していきたい」と来季を見据えた。

=2018/12/21 西日本スポーツ=