西武・内海早くも獅子色!? 背番27「巨人時代より先にいく」

西日本スポーツ

入団会見でポーズを決める内海 拡大

入団会見でポーズを決める内海

 巨人にフリーエージェント(FA)移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として西武に入団した内海哲也投手(36)の記者会見が21日、埼玉県所沢市内の球団事務所で開かれた。複数の選択肢から背番号27を選んだ左腕は「(巨人時代の)26より先にいくという気持ち」と力強く語った。

■ネクタイ紺色

 西武のチームカラー、紺のネクタイを締めた内海は、「ライオンズの一員として戦う気持ちになった。すごくびっくりしたけど、(移籍通知から)1日たって、前向きに新たな気持ちで頑張ろうと思う」とすっきりした表情を浮かべた。ネクタイは自宅にあったもので「青と思っていたけど、嫁さんから紺と聞いたのでライオンズカラーで」と笑った。

 20日に巨人の球団事務所で通知を受けると、「こみ上げてくるものがあった」という。原監督からは電話で「頑張ってこい」とエールを送られ、ナインからも次々と「寂しい」と言われた。それでも気持ちを切り替え、知人を通じて西武ナインの電話番号をゲットし、中村、栗山、秋山らにあいさつした。「環境も変わり戸惑うけど、溶け込めるように」と通算133勝左腕は早くも“獅子色”に染まりつつある。

 渡辺久信シニアディレクター(SD)は「若手投手が多い中、経験のある投手が欲しかった。ここ数年はリーダーシップを取れる投手が見当たらなかったので最適」とまとめ役としても期待を寄せる。米メジャー移籍を目指す菊池が抜け、喉から手が出るほど欲しかった先発左腕の獲得。巨人一筋15年のベテランは「(菊池)雄星君の代わりはできないけど、リーグ連覇に一つでも貢献できるように」と誓いを立てた。 (小畑大悟)

=2018/12/22付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ