ソフトB中村晃「ビックリ」破格4年契約でFA封印 “行列”北村弁護士と会見

西日本スポーツ

 ソフトバンクの中村晃外野手(29)が22日、ヤフオクドーム内で契約交渉に臨み、変動制の年俸に出来高が付く来季からの4年契約を結んだ。順調なら来季中に国内FA資格、2020年シーズン中に海外FA資格の取得条件を満たすが、封印する形となった。(金額は推定)

 ベースの年俸は今季1億6000万円から8000アップの2億4000万円で、以後は変動制。獲得した出来高が、翌年のベース年俸にアップ分として上積みされるという。

 11年目の今季は136試合に出場。開幕直後に右太もも裏を痛めて一時離脱し、2年続けていた全試合出場は途切れたものの、打率2割9分2厘、初の2桁となる14本塁打、57打点をマークした。複数の打順をこなし、リーグ2位からの日本一に貢献した。

 昨年からの代理人で、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」出演でも知られる北村晴男弁護士(62)と会見。球団からの4年契約提示について中村晃は「最初はちょっとビックリしました」と明かし、「一日一日をしっかりやっていきたい」と意気込みも新た。北村弁護士は「本人の希望という意味では最高の交渉になったと思います」とうなずいた。

=2018/12/22 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ