峰初Vへ 住之江グランプリ

西日本スポーツ

 今年活躍した選手たちによるボートレース界の総決算、住之江ボート(大阪市)のSG第33回グランプリは24日、いよいよ最終日。1億円を懸けた優勝戦が12Rで争われる。3日間のトライアルをトップで通過し、1枠を手にしたのは峰竜太。4年連続の勝率1位のタイトルが確実な腕達者が、今年はマネーバトルでも頂点を極める。現在の賞金1位・毒島誠も5位で何とかファイナルにこぎ着けた。同時開催のグランプリシリーズ戦(優勝賞金1600万円)は11Rで優勝戦。23日の準優は1枠トリオが全勝。1号艇での優出に成功した平尾崇典が、超抜級の伸びを生かして2度目のSGVを挙げる。

=2018/12/24付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング