西武・秋山、“仮想大谷”進次郎氏から特大弾 「横須賀初のメジャー」には苦笑い

西日本スポーツ

真剣勝負で小泉進次郎衆院議員(右端)から特大弾を放つ西武・秋山 拡大

真剣勝負で小泉進次郎衆院議員(右端)から特大弾を放つ西武・秋山

握手を交わす秋山(右)と小泉進次郎衆院議員

 西武の秋山翔吾外野手(30)が24日、政界のプリンスを粉砕した。出身地の神奈川県横須賀市で野球教室を開催。4年連続で登場した地元選出の小泉進次郎衆院議員(37)と毎年恒例の真剣勝負で右中間に特大弾。「進次郎さんがいいところに投げてくれた」と笑みを浮かべた。

 順調なら来季中に海外FA権を取得する秋山は球団からの複数年の提示を固辞し、単年契約で来季に向かう。小泉氏は子どもたちの前で「もしかしたらメジャーと言うね。これ言っちゃいけなかったかな。もしもメジャーにいったら横須賀から初のメジャーリーガーになる」と激励。これには秋山も苦笑いだ。

 赤いジャージーで登板した小泉氏は「大谷対秋山というのがいつかは見られるかもしれない。今日は大谷からホームランを打って、赤いユニホームにも相性がいい」と大谷が所属するエンゼルスカラーを引き合いにも出した。

 「楽しく野球をしている姿を見たい。それがメジャーなのか(日本の)プロ野球なのか分からないけど、どこでも活躍できると思う」と小泉氏はエール。「(再来年のメジャー挑戦の)可能性がゼロじゃないという言葉にしかならない。その気持ちがなかったら(複数年を)受けていた。納得できないところもあるし、チャレンジしたいこともあった」。秋山はこう話すにとどめたが、地元のクリスマスイブを彩った横須賀が生んだ二大ヒーローの共演で夢が大きく膨らんだ。 (小畑大悟)

=2018/12/25付 西日本スポーツ=