ソフトB真砂、周東WLから帰国「自分の形見えてきた」

西日本スポーツ

ソフトバンク・真砂(左)と周東 拡大

ソフトバンク・真砂(左)と周東

 プエルトリコ・ウインターリーグに派遣されていた真砂勇介外野手(24)と育成の周東佑京外野手(22)が25日に帰国し、福岡空港に到着した。

 同リーグで21試合に出場した真砂は打率1割8分5厘。26試合に出場した周東は、打率3割4厘をマーク。10月にはコロンビアで行われたU-23(23歳以下)ワールドカップにも出場したルーキーは「結果と内容にはギャップがあるけど、自分の形は見えてきた」と充実感をにじませた。

=2018/12/26付 西日本スポーツ=