西武・高木勇、470万円減 内海と共闘「尊敬する先輩。楽しみ」

西日本スポーツ

契約を更改した西武・高木勇。内海との共闘を誓った 拡大

契約を更改した西武・高木勇。内海との共闘を誓った

 西武の高木勇人投手(29)が25日、巨人から加入する内海哲也投手(36)との共闘を誓った。自身と同じく巨人からFAの人的補償で加入した先輩左腕とともにリーグ連覇貢献を狙う。

 「内海さんは尊敬する先輩。同じチームでやれるのは楽しみだし、できるだけ一緒に(1軍に)いたい」。巨人にFA移籍した野上の人的補償で入団した自身に続き、思わぬ形で同僚となった先輩への思いを明かすとともに、そろって1軍で活躍することを目指す。

 移籍1年目の今季は1勝2敗、防御率8・69にとどまり、今オフは斉藤大とともにオーストラリアでのウインターリーグに参加。期間中は100キロ台前半のカーブに磨きをかけたという。「見逃しでストライクも奪えたし、真っすぐ、シュートも生きる。オージーカーブですね」。自ら命名した“新球”で投球の幅を広げ、来季の活躍につなげる狙いだ。

 契約更改交渉では470万円ダウンの年俸3230万円でサイン。オーストラリアから帰国直後とあって「ボールを握る前に髪を切りたい」と独特の“高木節”で笑わせた。内海とともに1軍で活躍すれば、課題の投手陣に厚みが増す。 (金額は推定)

=2018/12/26付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ