サポーターに“無言”で福岡を去った駒野 3日遅れの退団発表に隠された理由

西日本スポーツ

福岡時代の駒野 拡大

福岡時代の駒野

昨年11月24日、広島・森崎の引退セレモニーに駆けつけた駒野(右)

 昨季限りでJ2福岡を退団した元日本代表DF駒野友一(37)が日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治に移籍することが決まった。4日に両クラブから発表された。

 昨年11月22日、福岡が発表した契約満了選手の中に駒野の名前はなかった。3日後の25日に2016年7月から在籍(当時は期限付き移籍、のちに完全移籍)していた駒野の退団をリリース。23日にクラブの後援会納会、24日には2018年最後の全体練習が福岡市東区の雁の巣球技場で行われたが、駒野はサポーターに別れを告げることなく福岡を去る形となった。

 不自然すぎる退団発表には訳があった。先述の11月24日、駒野は古巣J1広島のホーム最終戦で行われた同ユース時代の同期、森崎和幸の引退セレモニーに顔を出していた。先に福岡との契約満了が公になっていれば、話題が自分に向いてしまう可能性が少なからずあった。仲間の門出の場を汚したくないと、アビスパ側に発表を遅らせることを願い出ていたのだ。

 サッカーファンなら誰もが知る、福岡にとってかつてないほどの選手。それでも決して偉ぶることなく、大声で発言することもなく、黙々とアビスパに尽くした姿が印象的だった。

 FC今治は10年W杯時の日本代表監督だった岡田武史氏がオーナーで、J1広島時代の監督だった小野剛氏が今季から監督を務める。かつての師の下で再出発する「不屈のサイドアタッカー」を心から応援したい。(向吉三郎)

=2019/01/05 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ