ソフトB柳田 年明け早々フルスイング 沖縄自主トレに打撃投手同行

西日本スポーツ

自主トレのため沖縄に出発する柳田 拡大

自主トレのため沖縄に出発する柳田

自主トレのため沖縄に出発する柳田

 年明け早々、フルスイング! 福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(30)が5日、福岡空港から自主トレ先の沖縄へ出発した。昨年の同時期に行ったグアム自主トレではティー打撃のみで、その後の広島自主トレからフリー打撃を始めたが、今年は沖縄に打撃投手を同行させ、本格的な打撃練習を行う予定。今季、レギュラーシーズンの最優秀選手(MVP)獲得を目指すギータが年明け早々から全開だ。

■「練習の量が大事」

 例年にないスタートダッシュを決める。帰省ラッシュでごった返す福岡空港に現れた柳田の鼻息は荒かった。「最初からとにかく打ちたい。自信を持ってシーズンに入る準備をするだけ」。チームメートの真砂、谷川原のほか、糸井(阪神)、吉田正(オリックス)らと行う沖縄自主トレで、さっそく打ちまくる構えだ。

 「なによりバッティング(練習)の量が大事」。そう感じるようになったのは自身の経験からだ。近年の自主トレではティー打撃程度にとどめ、フリー打撃などの本格的な練習は2月の春季キャンプに入ってから行うことが多かったが、昨年は1月中旬の広島自主トレで打撃投手を相手に打ち込んだ。「それがすごく感覚がよかった」。その効果もあり、昨季は開幕から絶好調で打率は4割に迫った。スタートダッシュに成功したことからシーズン成績は打率3割5分2厘で自身2度目の首位打者に輝き、初めて100打点を超えるなど、結果が顕著に表れた。

 今年はさらに早く本格的な打撃練習を開始する。そこには昨季逃したリーグ優勝への強い思いがある。昨年の契約更改では「優勝しないと(レギュラーシーズンMVP獲得は)難しい。抜群の成績を残したい」と力強く宣言。ホークスの主砲は、自らのバットで王座奪還を目指す気概を見せた。

■初詣「大吉」ゲット

 2014年から6年連続で自主トレを共にする糸井の存在も大きい。球界屈指の打者に成長した今も、「糸井さんには全然かなわない。ポテンシャルはもちろん、全てがすごすぎる。何とか少しでも追いつけるようにしたい」と柳田が向ける尊敬のまなざしに変わりはない。「上には上がいると毎年思っている。すごい選手と一緒に練習するのは自分にプラスしかない」とさらなる成長を誓う。

 新年早々、吉兆があった。初詣で引いたおみくじは大吉。「チームの日本一、そして家族の健康をお祈りしました。とにかく頑張るだけっす」と笑顔を見せた30歳。「楽しく、そして自分に厳しくやってきます」との言葉を残して旅立った沖縄の地で、最高の1年をスタートさせる。 (長浜幸治)

=2019/01/06付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ