入団時の記憶「とんでもないところに入った」 摂津引退会見一問一答

西日本スポーツ

和田から贈られた花の横で、写真に納まる摂津 拡大

和田から贈られた花の横で、写真に納まる摂津

中継ぎでプロ初登板、一塁ベースカバーに入る=09年4月5日 先発転向2戦目で初勝利。熊本・藤崎台で雨中の力投だった=11年4月24日 沢村賞を受賞し満面の笑顔=12年10月29日 2シーズンぶりの白星を挙げ、お立ち台で涙をこらえる=18年5月22日

 ソフトバンクを昨季限りで退団した摂津正投手(36)が8日、ヤフオクドーム内で会見し、現役引退を表明した。

 2009年にソフトバンク入りし1年目に27歳で新人王。最優秀中継ぎ(09、10年)、11年に先発転向後は最多勝、最優秀投手(12年)などのタイトルを獲得し、12年は沢村賞にも選ばれた。

 引退会見での主なやりとりは以下の通り。

(会見冒頭)

 本日を持ちまして、皆さまに引退のご報告をさせていただきたいと思いました。本当に今までありがとうございました。

-制球力を生かし的を絞らせないスタイルを貫いた

 この10年、それをモットーにやってきた。本当によかったです。

-プラス思考を貫いたプロ生活だった

 まだまだ自分に伸びしろがある、そうプラス思考で考えてやってきた。それが入団当時から今まで、うまくいった部分だと思う。

-デビュー戦は09年4月5日

 正直記憶がない。ドキドキしすぎて。どんなスタートだったか覚えていない。

-ルーキーイヤーは秋山監督も就任1年目だった

 本当によかった。1年目で秋山さんも(自分を)使えるかどうか分からなかったと思うが、そこで使っていただいて感謝している。あの時がなければ、今はなかった。

-最も印象に残る出来事は

 入団した時にすごいスター選手ばっかりで…。それこそ松中さん、小久保さんがいて、杉内さん、和田さん、(斉藤)和巳さんがいて。とんでもないところに入ったな、と思った。今でも記憶に残っている。

-その中でエースとして活躍した野球人生は

 うまくいったんじゃないか。うまくいきすぎたんじゃないかと思う。
​​
-野球人生で誇りに思えることは

 活躍した部分もあるし、逆にここ最近はだめだった。いろんな選手の気持ちになって、物事を考えられるようになったのかなと思う。

-中継ぎから11年に先発転向。同じ年に捕手の細川がFAで西武から移籍してきた

 野球界に入って、細川さんとの出会いも大きい。勉強になった。

-プレー中はポーカーフェースを貫いた

 平常心ということを思いずっとやってきた。喜怒哀楽を出さないことを心がけてやってきた。

-昨年5月22日の西武戦で2シーズン、618日ぶりの勝利。お立ち台では涙も見せた

 プロに入って、スタートからうまくいきすぎていた部分もあった。本当に一つ勝つことがこんなに大変なことなんだな、と改めて再確認した試合だった。

-トライアウトは受けず他球団からのオファーを待った

 正直、自分の中では(オファーは)厳しいだろうなという思いはあった。でも少しでも可能性があればやりたいと思っていた。不安もあったが、ずっとモヤモヤした気持ちで過ごしていた。(オファーが)なければやめるよという話しは(家族と)していた。何も言わず。家族からは「分かった」と。それだけだった。やっぱり(年をまたいで)それ以上待つっていうのは現実的に…。シーズンで活躍することが目標ですし。(越年すれば)活躍することが難しいのではないか、と。なので年内いっぱいでと決めた。

-プロ10年で自分が残せたものとは

 10年という短い選手生活だったが、本当に満足はしている。後悔も、悔いもなく終わることができた。

-このオフは城所や本多らソフトバンクでともにプレーした選手が相次いで現役を退いた

 誰しもが通る道。本多にしろ、城所にしろ、寂しかった。

-今後の進路は

 何かしら野球に携わりたい。ただ、具体的なことはこれから考えたい。
​​
-和田から贈られた花には「またホークスに戻ってきて」とメッセージが添えられている

 本当にありがたい。偉大な先輩。和田さんがいて、一緒に活躍したいと思ってやってきた。尊敬する先輩に花を贈っていただき感謝している。(古巢復帰は)チャンスがあれば。チャンスとタイミングだと思うので、あればやってみたい。

-どういった形が自身が最も野球界に貢献できると考えるか

 まだそういうのはない。今はホッとした。少し落ち着いたら考えたい。

-声援を送り続けてくれたファンへ

 10年間、本当にたくさんの応援をいただき感謝しています。(2シーズンぶりに勝った)昨年5月の西武戦では今まで味わったことのないような、素晴らしい声援を送っていただいた。そんな経験はなかなかできない。これからの人生に役立てていきたい。これからもホークスを応援していただけたらありがたい。

=2019/01/08 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ