カレーラス新監督「トーレスを生かす」 新生J1鳥栖が今季初練習

西日本スポーツ

 J1サガン鳥栖は15日、佐賀県鳥栖市の練習場で新体制で臨む今季の初練習を行った。鍵を握る元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)について、ルイス・カレーラス新監督(46)は「常にチームのために動いてプレーで示してくれる」と信頼を寄せた。

 2人はアトレチコ・マドリード(スペイン)で共にプレーした経験があり、カレーラス監督は「彼に求めるのはゴール。それが実現できるよう僕らは助けていきたい」と強調。世界的ストライカーの得点能力を最大限に引き出す方針だ。

 加入1年目の昨季は3得点にとどまったフェルナンドトーレスも「(新監督は)バルセロナ出身なので、ボールをポゼッション(保持)するやり方がいい形としてつながると思う」と話し、同じスペイン出身の指揮官の戦術に期待した。

 約2時間の練習はサーキットトレーニングの後、ボールを使ったパス回しなどに重点を置いた。カレーラス監督も「良い強度、リズムだった。とても良い感触を持っている」と笑顔。自身も練習に加わり、選手の名前を呼んで積極的にコミュニケーションを取った。

 今季の開幕戦は2月23日のホーム名古屋戦。フェルナンドトーレスは「チームが団結して、開幕戦を勝つことが大事」と力を込めた。昨季はJ1で14位に終わったが、新体制の今季は必ず鳥栖の街を盛り上げる。 (広田亜貴子)

=2019/01/16付 西日本スポーツ=

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング