元日本代表・巻、チーム低迷にもどかしさも…愛する熊本で引退「幸せなこと」

西日本スポーツ

■熊本市内で引退会見

 サッカーは人生の全て-。元日本代表で2006年W杯ドイツ大会に出場し、引退を表明した元日本代表FWの巻誠一郎(38)が16日、熊本市内で引退会見を開いた。14年からJ2ロアッソ熊本に5シーズン在籍し、昨シーズンはクラブ初のJ3に降格。チームが低迷する中で自身が力を発揮できず、勝利に貢献できなくなったことが引退決断の理由だ。16年4月の熊本地震後は地元熊本の支援に奔走。新たなステージに向かい、愛する故郷で現役生活に別れを告げた。

 悩み抜いて出した答えに涙はない。「(チームが負けて)バラバラになる時に僕のパーソナリティーが発揮できると思っていたが、なかなか一つになって勝利に近づけなかった」。熊本は昨季21位でJ3自動降格。巻は自身の出場機会が少なくなる中、苦しむ仲間を見ながらもどかしい思いを募らせた。

 「やり残したことはたくさんある。ただ、自分の価値が還元できなくなったら辞めようという強い覚悟と信念を持ってプレーしてきた」。自ら身を引くタイミングを悟り、引退を決断したことを明かした。

 03年入団の市原(現千葉)ではオシム監督の下でプレー。日本を代表するストライカーに成長し、06年には日本代表のジーコ監督にサプライズ選出されてW杯ドイツ大会に出場した。その後、ロシアや中国でもプレーし、34歳となるシーズンに地元の熊本へ移籍した。

■チーム低迷にもどかしさ…

 「最後のクラブにしようという覚悟で帰ってきた。生まれ育った自分の街のクラブで引退できるのは幸せなこと」。16年4月の熊本地震発生後は、被災した故郷や仲間の支援に走り回った。「本当に熊本が大好きなので、力強く前に進まないといけない」と強い思いを口にしていた。

 練習場も被災し、公式戦が中止に。そんな状況でも被災地の小学校でサッカー教室を開いたり、継続的な支援を目指してNPO法人「ユアアクション」を立ち上げたりと、復興に向かう故郷とともに歩み続けた。「子どもたちは素晴らしい瞳をしていたし素晴らしい笑顔だった。僕らにしかできないと再確認した」。引退後も熊本を拠点に活動。支援を続けながら、指導者の道も志す。

 「サッカーは僕の人生の全て」。最後にそう振り返ったストライカーは、現役時代同様に全身全霊をサッカーと熊本の復興にささげながら、新たなステージを全力で走り続ける。 (広田亜貴子)

◆巻誠一郎(まき・せいいちろう)

 1980年8月7日生まれ。熊本県宇城市出身。熊本・大津高から駒大を経て2003年、当時J1の市原(現J2千葉)に入団。ロシアや中国でもプレーし、14年にJ2東京Vから熊本に加入。J1リーグ戦は通算207試合で53得点、J2リーグ戦は通算231試合で16得点。日本代表では国際Aマッチ38試合で8得点を記録し、06年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会にも出場した。184センチ、80キロ。

=2019/01/17付 西日本スポーツ=

PR

ロアッソ熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ