ソフトBドラ1甲斐野、初ブルペン 立ち投げ20球、田之上コーチ高評価

西日本スポーツ

 ドラフト1位の甲斐野央投手(22)=東洋大=が17日、筑後のファーム施設での新人合同自主トレで初めてブルペン投球を行った。全体メニューの終了後、再度、キャッチボールを行ってブルペン入り。立ち投げで軽めではあったが、投球フォームのバランス、指の球へのかかりなどを確認するように、ゆっくり丁寧に20球投げた。

 「今の自分がどういう状態にあるかを確認したくて投げました。手応え的にはゼロですね。良くもなく、悪くもなくといった感じです。でも、ここから先、いい方向に行くかは自分(の練習)次第。しっかり(キャンプインする2月1日に)合わせたいです」

 左隣ではドラフト2位の杉山(三菱重工広島)が力の入った球を投げていたが、最速159キロを誇る右腕は「気にならなかった。今張り合っても仕方ない。捕手の方に悪いので、同じタイミングで投げないことだけ気を付けた」と余裕のあるところを見せた。

 視察した田之上3軍投手コーチの評価は高かった。「今日の投球だけでは何とも言えないが、立ち投げで今の出来。力をそんなに入れていないと思うけど、球が速いという印象は受けた。後は座って投げた時に、どういう球を投げるか」。即戦力右腕に興味津々だった。

=2019/01/18付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ