元代表34歳菊地がJ2福岡に合流 いきなり最年長「責任感あるポジション」

西日本スポーツ

福岡の練習に合流した菊地(左) 拡大

福岡の練習に合流した菊地(左)

 J2福岡に加入した元日本代表のDF菊地直哉(34)が18日、福岡市内で行われた全体練習に合流した。

 福岡はいずれも現在37歳の駒野友一と山瀬功治が昨季限りで退団しており、菊地は32歳の城後寿を上回りいきなりチーム最年長となる。「責任感があるポジション。昨年までいた年上の人たちの分まで頑張らないといけない」と精神的支柱としてJ1昇格に貢献する決意を示した。

 昨年末にJ1札幌から戦力外通告を受けた後も、札幌や故郷の静岡で筋力トレーニングを中心に体を動かしていた。「年齢を重ねた分、マイナスになった部分はあるけどプラスになった部分も大きい」と自信を示した。

 18日の練習ではイタリア人で新任のペッキア監督に指示されながら、4バックで守る際の位置取りや動きを練習。持ち味の的確な状況判断や出足の速さを披露した。

=2019/01/18 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ