ヤフオクDに新名物? 外野席に巨大めんたいこ

西日本スポーツ

後方に「やまや めんたいこBOX」が新設されたヤフオクドーム外野席のイメージ(C)SoftBank HAWKS 拡大

後方に「やまや めんたいこBOX」が新設されたヤフオクドーム外野席のイメージ(C)SoftBank HAWKS

ヤフオクドームの外野席後方に新設された「やまやめんたいこBOX」からの風景イメージ(C)SoftBankHAWKS 「やまや めんたいこBOX」で提供されるオードブル盛り合わせのイメージ(C)SoftBank HAWKS

 ソフトバンクは23日、本拠地ヤフオクドームの新ボックス席「やまや めんたいこBOX」設置を発表した。

 昨年末からヤフオクドームを改修中で、野球開催時の最大収容人員を昨季の3万8530人から4万人超とするためスタンドを拡張。両翼外野席後方、電光掲示板直下にボックス席を設け、命名権を辛子めんたいこ製造販売のやまやコミュニケーションズ(本社・福岡)に売却した。

 1席で6人まで利用でき、同社のめんたいこを使ったオードブル盛り合わせ1皿が付く。巨大なめんたいこのオブジェや、めんたいこをモチーフとしたインテリアなど、来場者によるSNSへの写真投稿も意識したといい、球団は「福岡を象徴するフォトジェニックな新スポット」と意気込む。

 右翼側に6席、左翼側に3席の計9席。料金は試合開催日によって変わり、1席1万8000~3万円。利用人数が6人未満でも料金は変わらない。3、4月開催分の公式戦チケットは2月24日から販売する。

 オープン戦は1席1万5000円で、1月27日から販売。このうちヤフオクドームで今年初めての試合となる3月2、3日、阪神とのオープン戦で行われる「シーズンスタートデー」の2日間は、特別企画チケット「やまや めんたいこBOX スタート記念観戦セット」を用意。通常のオードブル盛り合わせに加え、球団の福岡移転30周年を記念した「WE=KYUSHU」ユニホームのレプリカ(Lサイズ)6枚、新フードメニューコースセット6人分、ドリンク、ヤフオクドーム駐車券(1台分)が付く。こちらは1月24日から販売。


=2019/01/23 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ