J2福岡トップ昇格18歳コンビ 桑原&北島 ユース出身・日本代表DF冨安に続け

西日本スポーツ

宮崎キャンプで練習に励むJ2福岡の桑原(手前)と北島(右) 拡大

宮崎キャンプで練習に励むJ2福岡の桑原(手前)と北島(右)

■ピッチ内外で学んだ姿勢

 J2アビスパ福岡で今季トップチームに昇格したDF桑原海人(18)とMF北島祐二(18)が23日、偉大な先輩に続くことを誓った。同じ福岡の下部組織出身で、21日のアジア・カップのサウジアラビア戦で決勝ゴールを決めた日本代表DFの冨安健洋(20)だ。

 冨安と同じ福岡市出身の桑原は「自分も早くあの舞台に立ちたい」と目を輝かせる。憧れの先輩は2016年に正式に福岡のトップチームに昇格。J1、J2計45試合に出場し、18年からベルギー1部のシントトロイデンでプレーしている。

 福岡時代に冨安と一緒に練習した北島は「身近な選手がそこまでいけるというのは自信をもらえる」と話す。練習に一番乗りして、最後まで居残り練習する冨安の姿勢を2人は見習い、食事などピッチ以外での高い意識も学んだという。

 宮崎キャンプ2日目の23日はミニゲームやランニングメニューなどで汗を流した。左利きの桑原は縦の突破に定評があり、ドリブルを得意とする北島は球際の強さも持つ。「結果を残して、一緒にJ1のピッチに立ちたい」と声をそろえた「18歳コンビ」の成長が楽しみだ。 (広田亜貴子)

◆桑原海人(くわはら・かいと)

 2000年10月5日生まれ。福岡市出身。小学生時代は三宅SCでプレーし、小学3~6年時にはFCバルセロナスクール福岡校にも通った。アビスパの下部組織にはU-15から所属。U-15、U-16日本代表。今春、佐賀・東明館高を卒業予定。好きな歌手はRADWIMPS。168センチ、67キロ。

◆北島祐二(きたじま・ゆうじ)

 2000年8月4日生まれ。福岡県小郡市出身。5歳からアビスパのスクールでサッカーを始め、のぞみが丘小時代は小郡東野SCに所属。U-15から再びアビスパの下部組織でプレー。今春に九産大九州高を卒業予定。趣味は読書。キャンプには池井戸潤の「BT'63」を持参。168センチ、67キロ。

=2019/01/24付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ