そろり、そろ~り…西武新人がいきなり苦戦 「ポスト浅村」に辻監督がダメ出し

西日本スポーツ

辻監督(後方)の見守る中、守備練習する西武・山野辺 拡大

辻監督(後方)の見守る中、守備練習する西武・山野辺

 西武のドラフト3位ルーキー、山野辺翔内野手(24)=三菱自動車岡崎=が2日、早朝からダメ出しを食らった。

 宮崎・南郷キャンプの2日目、全体練習前のアーリーワークでの特守で、辻監督から直接指導を受けた際のことだった。

 西武は昨季打点王の浅村が楽天に移籍。「ポスト浅村」として期待のかかる新人は馬場作戦兼守備・走塁コーチ、黒田内野守備・走塁コーチらの指導で二塁での捕球、送球などを練習していた。そこに辻監督も加わったが、内野ゴロへの足運びで注文がついた。

 社会人時代は小刻みなステップを踏んでバウンドに合わせていたという山野辺は「捕る前にドタバタしていた。無駄な足さばきはいらないと言われました。今はうまくできないけど、できるようにしたい」と前向きに受け止めた。

 そろり、そろーり…ではないが、アマチュア時代とは異なる足さばきに苦戦しながらも「リズムを大事にしていきたい」と修正を加えて練習。辻監督も「(守備は)そこそこできている。さらに送球の正確さを身につけてほしい。まだまだ源田レベルじゃない」と期待をかけた。

=2019/02/02 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ