西武の新外国人がソフトバンクに投げた ライバル退治「楽しかった」

西日本スポーツ

 西武の新外国人ザック・ニール投手(30)=ドジャース=が3日、キャンプ地の宮崎・南郷で初めてブルペン入りした。

 捕手が座って45球。直球だけではなく得意のシンカーなど変化球も披露した。来日前に米国で行った自主トレでも既に6回ブルペン入りしており、制球自慢の右腕は「調子は悪くなかった。日本のマウンドは軟らかいので、バッターと対戦しながら調整していきたい」と前向きに話した。

 練習後にはマーティン、ヒースとともに節分の豆まきを体験した。鬼役の報道陣が持ったのは「ソフトバンク」と書いた紙。昨年は10年ぶりのリーグ優勝を果たしながら日本シリーズ進出を阻まれたライバル球団に向かって、ナインの思いを代表して?豆を投げつけたニールは「こういう文化もあるのか、と。楽しかった」と楽しそうに笑った。

=2019/02/03 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング