ソフトバンク2年目大竹、充実43球「腕振れた」

西日本スポーツ

打撃投手を務めた大竹 拡大

打撃投手を務めた大竹

 大竹もフリー打撃に登板し、日本シリーズ以来の打者への投球に充実感をにじませた。真砂と川瀬を相手に直球のみ43球。安打性の当たりは10本ながら、詰まらせるシーンも見られた。開幕ローテーション入りを目指す2年目の左腕は「(打者へ投げる)感覚を忘れていたけど、しっかり腕を振って投げられた。あとはフォームの再現性(同じ動作を保てる)を高めたい」と意気込んだ。

=2019/02/06付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ