高倉ら若手の戦いに注目 G1九州地区選手権芦屋ボートで9日開幕 PR隊来訪

西日本スポーツ

 芦屋ボート(福岡県芦屋町)で9日に開幕する、G1第65回九州地区選手権競走(14日まで)のPRのため、同町競艇事業局企画課の室山雄一企画宣伝係長らが6日、同ボートイメージガール「YUME」の4代目の松岡みずきさんらを伴い、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。

 松岡さんは「栗田貫一のものまねショーやラーメンフェスタなどイベント満載の芦屋ボートに遊びに来てください」と呼び掛けた。売上目標額は40億円。

 九州地区選には、九州3支部(福岡、佐賀、長崎)の強豪が出場。昨年のグランプリ覇者で1月に芦屋周年3連覇を達成した佐賀支部の峰竜太を筆頭に、岡崎恭裕(福岡)原田幸哉(長崎)らA1ばかり51人が激突。優勝者は今年のSGクラシック(戸田、3月16~21日)の出場権を得る。

 室山係長は「地区選は若手の登竜門的な大会でもあり、前回覇者の仲谷颯仁や今回のPR隊の一員の高倉和士選手ら若手がどんな戦いを見せるかにも注目です」と見どころを紹介した。

 同行した福岡支部の高倉は「芦屋にはフレッシュルーキーに選んでもらうなどずっと育ててもらった。今年の地区選の開催が芦屋の順番なのは分かっていたので、3年前から出場を目標にしてきた」と話し、「強い先輩ばかりで厳しい戦いになるだろうが、まずは予選を突破して、その先も狙えるように頑張りたい」と意気込みを話した。

=2019/02/07付 西日本スポーツ=

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング