「柳田、金貸してくれ」SB前ヘッド達川節炸裂、爆笑キャンプ訪問

西日本スポーツ

練習前の円陣で選手たちにあいさつした達川氏(中央) 拡大

練習前の円陣で選手たちにあいさつした達川氏(中央)

キャンプに訪れ、工藤監督(右)と握手を交わす達川氏 大学の先輩である達川氏(右)と握手する甲斐野

 V3間違いなしじゃ! 福岡ソフトバンク前ヘッドコーチの達川光男氏(63)が7日、退団後初めてキャンプ地を訪れた。これまでチームにあいさつする機会がなかったことから、広島の日南キャンプでのテレビ解説に先だって訪問。相変わらずの達川節で爆笑を起こしながら、選手らの動きを見守った。大学の後輩でもあるドラ1ルーキー甲斐野にも直接のエール。リーグV奪回と3年連続日本一を確信し、キャンプ地を離れた。

 チーム内に多少の疲れの色も見え始めた第2クール最終日、キャンプ地は朝から広島弁と笑いに包まれた。達川氏は、A組(1軍)の到着前に球場入り。チームを待ち受けると「(昨年の日本シリーズは)ナイスゲーム、ナイスゲーム!」と到着した首脳陣と次々に握手を交わし、工藤監督とは熱い抱擁を交わした。

 広島との日本シリーズ後に退団が発表されたが、秋季キャンプでは全員がそろわないこともあり、これまであいさつを行えていなかった。「B組(2軍)にも行くよ。『礼儀は鎧(よろい)』。自分を守る。(実在しない)C組にも行くよ」と、まずは練習前のA組の円陣で、首脳陣とナインを前にしてあいさつした。

 報道陣には「円陣? ワシはニートでフリーじゃけえ、柳田、金貸してくれ言うたんじゃ」と笑いをかっさらった。実際には、在籍2年間の感謝を述べ、最後には「ホークスとカープの日本シリーズをワシに広島で解説させてください。解説させてもらえるかはわからんけど、頑張ってください」とチームを激励した。

 B組へも同様にあいさつを終えると、その後は選手らの動きを熱いまなざしで見守った。午前中のランニングメニューも視察。「主力に19人故障者が出た昨年の反省がある。『良薬口に苦し』。きついけどランニングが一番効果がある。ここまで主だったケガ人が出ていないし、昨年よりはチーム力が上がっている」と力説。「セは広島か阪神じゃけど、パはホークス」と、早くも今季のリーグV奪回も断言した。

 根拠もある。「ワシはこの前、川柳作ったんじゃ。『起きたけど 寝るまで特に 用はなし』」。退団からここまでは時間的に余裕があったため、日々、CS中継で各球団のキャンプを念入りにチェックしていたという。

 午後からは大学の後輩である甲斐野のフリー打撃登板を見守り、終了後には「球がシュート回転はしとったけど、あれも武器になるけえ、気にせんでええよ。今度メシ食わせてやるけえ」と激励し、がっちり握手。わずか1日ではあったが、相変わらずの達川節が、V3を狙うチームをこれ以上なく明るく照らした。 (倉成孝史)

=2019/02/08付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ