発熱ダウンの西武山田が休日練習 熱男(ねつお)が復活の熱男(あつお)節

西日本スポーツ

 西武の山田遙楓内野手(22)が9日、宮崎・南郷キャンプの休日にトレーニングを行った。

 森とともに室内練習場に姿を見せると走塁、キャッチボール、マシン打撃と約2時間の練習。第2クール中の7日の練習を発熱による体調不良で欠席した山田は「体調は大丈夫です」と全快をアピールした。

 山田は昨年、本拠地で行われた9月19日の日本ハム戦でプロ初安打を初本塁打でマーク。ベンチに戻るとソフトバンク・松田のまねをして「熱男(あつお)~」のパフォーマンスでファンを沸かせた。今季はライオンズにちなみ「獅子男(ししお)」のパフォーマンスを披露すると公言している。

 レギュラー奪取を狙う5年目の今キャンプはA班(1軍)でスタート。元気いっぱいの声で盛り上げていたが、7日の発熱でのダウンには「さすがに元気も落ちた」という。39・7度まで上がったが、インフルエンザの検査は2度受けていずれも陰性だった。

 「熱男(あつお)」ならぬ「熱男(ねつお)」となってしまったが、8日には練習復帰し、この日も休日返上で汗を流した。「明日から120パーセントでいく。みんなやっているんで取り返したい。アピールして開幕1軍を目指します」と完全復調を宣言した。

=2019/02/09 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ