西武ドラ1松本航、衝撃“デビュー”!山川を圧投

西日本スポーツ

 西武のドラフト1位松本航投手(22)=日体大=が10日、宮崎・南郷キャンプで初の実戦形式となるシート打撃に登板し、昨季パ・リーグMVPの山川穂高内野手(27)から見逃し三振を奪った。打者5人に対し、被安打は1。最速144キロをマークしたが、自己採点は50点とやや辛めの“デビュー戦”となった。

 金子侑、金子一をともに中飛に仕留め、山川を迎えた。「胸を借りるつもりで投げた。楽しみというより緊張でした」。3球目のカットボールで山川が膝をつくほどの空振りを誘って追い込むと、143キロ直球でバットを振らせなかった。

 「(3球目の)フルスイングは怖かった。果てしなく飛んでいきそうだった」と本塁打キングのスイングに圧倒されたが、ドラ1右腕の実力を見せつけた。「ストレートは一番自信を持っている。チャレンジ精神で投げました」。愛斗に右前打を許したが、駒月は右飛。27球中21球が直球と持ち味を存分に披露した。

 それでも自己採点は50点と厳しい。「あまり納得いくボールがなかった」と振り返った。対戦した山川も「もっともっとすごいと思いますよ」と言及。小野投手コーチは「体全部が疲れている時期。もっとボールはくるはず」と期待を込めた。

 次回は紅白戦に登板予定。シート打撃後もブルペンで50球を投げた。「打者が立つと力んでしまって下半身がうまく使えていない。課題が見つかったので次に生かしたい」。開幕ローテ入りに向けて、一歩ずつ歩みを進める。 (小畑大悟)

=2019/02/11付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ