西武ドラ1右腕2回完全“デビュー” 松本航が紅白戦初登板

西日本スポーツ

 西武のドラフト1位の松本航投手(22)=日体大=が16日、宮崎・南郷キャンプで紅白戦に初登板し、2回をパーフェクトの好投を見せた。最速は146キロ。「シート打撃の反省を課題として持ちながら、打者と対戦できて良かった」と振り返った。

 今井、武隈に続き、白組の3番手として5回に登板。5回は外崎を145キロ直球で右飛、源田を145キロ直球で左飛、中村を146キロ外角低めの直球で見逃し三振に仕留めた。「中村さんの見逃しの真っすぐは指にかかった。アウトローに狙って投げていいところにいった」と満足そうだった。

 6回は木村を143キロ直球で遊ゴロ、鈴木を142キロ直球で遊直、駒月を145キロ直球で中飛に打ち取った。2回を投げ、無安打無失点。セットポジションやクィックを試すなど工夫もした計17球だった。

=2019/02/16 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ