ソフトバンク松田宣がまさかの要求 工藤監督は即却下

西日本スポーツ

3回1死一、三塁、あわや本塁打の打球を放つもファウルの判定となった松田宣 拡大

3回1死一、三塁、あわや本塁打の打球を放つもファウルの判定となった松田宣

 ◆ソフトバンク紅白戦(17日・宮崎アイビー)

 今キャンプ2度目の紅白戦で、大飛球のファウル判定がまさかの展開を呼んだ。

 1点を追う白組は3回、紅組2番手のスアレスを攻めて1死一、三塁のチャンス。ここで3番の松田宣が左翼へ飛距離十分の大飛球を放ったが、ファウルと判定された。

 晴天の日曜日とあって大入りのスタンドは、大歓声のちため息。松田宣は仕切り直して打席に向かう前、本塁後方から防球ネット越しに見守る工藤監督の方を向き、両手で四角を描くジェスチャーで、リクエストを打診した。

 心得た工藤監督は、すぐさま両手で「×」マークをつくって却下。スタンドは笑いに包まれた。次の球を豪快に空振りした松田宣は結局一ゴロ。もっとも一塁手のバックホームが野選となり、試合は振り出しに戻った。

=2019/02/17 西日本スポーツ=