ソフトB東浜、ブルペンおかわり 「メカニックの部分修正」

西日本スポーツ

真剣な表情で右腕を振る東浜 拡大

真剣な表情で右腕を振る東浜

 東浜がブルペン投球を「おかわり」した。まずは午前中に捕手が座った状態で128球。さらに体幹トレーニングなどを実施後、午後もう一度ブルペンに入り、フォームを確認しながらボールを投げ込んだ。「疲れはそこまでない」としつつ、17日の紅白戦で3連打を浴びた原因を確認。「メカニックの部分を修正した。前に進めたと思う」と手応えを口にした。

=2019/02/20付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ