ソフトB岩崎、右肘検査から一夜「そんなに心配することじゃない」

西日本スポーツ

室内でトレーニングする岩崎 拡大

室内でトレーニングする岩崎

 昨年2度手術した右肘の違和感のため20日に福岡に戻り病院で検査を受けた岩崎翔投手(29)が21日、軽症を強調した。キャンプ地の宮崎で練習に復帰した右腕は「(キャンプを)やってきた中で(痛みが)あったので検査に行った。痛みがあるということは炎症があるということ」と経緯を説明した。その上で「不安がある状態で(練習を)やるのと、ない状態では全然違う。1週間たてばまたキャッチボール(を再開)できる予定なので、そんなに心配することじゃない」と話した。

=2019/02/22付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ