ソフトB甲斐野脅威与えた直球、課題は変化球/柴原洋氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏 拡大

西日本スポーツ評論家の柴原洋氏

 ◆練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」ソフトバンク3―8西武(27日・宮崎アイビー)

 昨季は強力打線でパ・リーグを制した西武にも、甲斐野は脅威となったのではないか。直球は速く、打者の手元で伸びていた。その証拠に打者が対応できていないような空振りをしていた。最後は4安打していた木村のバットを内角の直球でへし折り、力でねじ伏せたのだから、本人も自信になっただろう。

 新人の場合、まずは自信をつけることが大事。不安なく滑り出せたことが何よりも大きい。今後のオープン戦でも結果を積み重ねていけば、さらに自信は深まっていくはずだ。

 課題を挙げれば、変化球の精度だろう。スライダーでカウントを取れるようになり、フォークがもっと鋭く落ちるようになれば、打者は的を絞りづらくなる。フォークはシート打撃に投げた12日より鋭く落ちていた印象があり、さらに鋭さを増すのでは、との期待も抱かせてくれた。

 左腕の川原は右打者に対してクロスで入る直球が有効だったし、課題の制球も向上している。サファテと岩崎が手術明けで、加治屋らも出遅れる可能性があるものの、力でねじ伏せられる左右の2枚が出てくれば、救援陣の不安は減るはずだ。 (西日本スポーツ評論家)

=2019/02/28付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ