ソフトバンク球団CM出演女優が始球式に衝撃の登場

西日本スポーツ

【オープン戦・ソフトバンク‐阪神】始球式に下半身が馬の状態で登場した奈緒さん 拡大

【オープン戦・ソフトバンク‐阪神】始球式に下半身が馬の状態で登場した奈緒さん

【オープン戦・ソフトバンク‐阪神】始球式で投げ終え、笑顔を見せる女優の奈緒さん

 ◆オープン戦 ソフトバンク-阪神(2日・ヤフオクドーム)

 大規模改修されたヤフオクドームがファンにお披露目されたオープン戦。始球式を務めた福岡県出身の女優奈緒(24)が衝撃的な姿で登場した。

 球団の福岡移転30周年を記念した「WE=KYUSHU」ユニホーム姿ながら、下半身は馬。ヤフオクドームのリニューアルを告知する球団のテレビCMに、俳優の原田龍二と出演した際の姿だった。

 CMは実際の馬との合成だったため、今回のための特注品。馬の胴体部分が空洞になっており、膝立ちになって収まる構造だった。

 大型ビジョンに映し出された自身の姿に「自分でもちょっとビックリしました。世界最大の大きさになったという、すごく大きいビジョンでコマーシャルも流していただいて…貴重な経験でした」と笑顔。

 馬から出てきた奈緒は裾にスリットの入ったフレアパンツ姿。初めての始球式は外角に外れて何度かバウンドし「緊張しました。立ってみたら一瞬で終わってしまいました」と言いつつ、幼いころ、家族で観戦に訪れた思い出の球場のグラウンドに立ち「私はムネリン(川崎宗則)が好きで、小学校のときは52番のユニホームのキーホルダーを持ってました。母が工藤監督の大ファンなので、遠くから実物を眺められて、いいお土産ができました」と笑顔だった。

=2019/03/02 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ