上林は1番→5番 侍ジャパン打線大改造/強化試合

西日本スポーツ

強化試合第1戦で3安打を放った上林 拡大

強化試合第1戦で3安打を放った上林

 ◆ENEOS侍ジャパンシリーズ2019 日本‐メキシコ(10日・京セラドーム大阪)

 強化試合第1戦(9日)で2-4と逆転負けを喫した侍ジャパンが大幅に打順を入れ替えた。

 1番に吉川尚輝、2番に中村奨吾を起用。クリーンアップは3番が近藤健介、4番は第1戦で先制タイムリーを含む2安打の吉田正尚、5番には1番で出場した第1戦でチーム唯一の3安打を放った上林誠知が入った。

 侍ジャパンの打順は以下の通り。先発投手はヤクルトの原樹理。
1(遊)吉川尚輝(巨人)
2(二)中村奨吾(ロッテ)
3(D)近藤健介(日本ハム)
4(左)吉田正尚(オリックス)
5(右)上林誠知(ソフトバンク)
6(三)大山悠輔(阪神)
7(一)村上宗隆(ヤクルト)
8(捕)田村龍弘(ロッテ)
9(中)野間峻祥(広島)

=2019/03/10 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ