HKT48研究生公演スタート 5期生14人本格劇場デビュー

西日本スポーツ

研究生公演初日を終え、ファンにあいさつをするHKT48の5期生 拡大

研究生公演初日を終え、ファンにあいさつをするHKT48の5期生

ソロで歌う5期生・上島楓

 HKT48の研究生が出演する「脳内パラダイス」公演が10日、福岡市のスカラエスパシオホールで初日を迎え、5期生14人が本格的に劇場公演デビューした。2013年に2期生らが上演していた演目を、初々しさたっぷりに披露しファンを楽しませた。

 表題の「脳内パラダイス」や「シアター・パイレーツ」といった明るい曲では笑顔全開で汗をかき、「転がる石になれ」ではクールな表情も見せながら、拳を突き上げた。かつて元AKB48の大島優子がソロで歌っていた「泣きながら微笑んで」は、上島楓(17)が担当。1期生メンバーからも「完成度が高い」と評されたパフォーマンスを交え、しっとりと歌いきった。

 最後に全員で歌った「草原の奇跡」では、歌い出しの水上凜巳花(15)ら数人が感極まって涙。HKTの12枚目シングル(来月10日発売)の表題曲を歌うメンバーの一人に選ばれている水上は「これからもっと力を入れて、いい公演にしてきますので、応援よろしくお願いします」と、決意を新たにしていた。

=2019/03/11付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ